FC2ブログ

ニットのポーチ

knit2.jpg

編み地だけ作ってほったらかしになってたものをポーチに仕立てました。
ベッツィーのケースになるかなと思ったけどギリギリぽいです。
インスタのタグで本のタイトルを「北欧の編み込み小もの」とつけてしまったのですが、「かわいい模様編み小もの」の方でした😖
もうどうしていつもこういうつまらないミスをしちゃうんだろう…😢

糸はブリティッシュエロイカです。
同じ糸でもう少し大きいニットのバッグを編みたいのですがむずかしい〜🌪
時間かかる〜😖


drink me

drink_1.png

いろいろあってなかなかブログ更新できませんでした〜すみません!!😣
なんとか気分を取り戻して頑張りたいと思います!
このミッフィーのカップは一月前に見つけたものです。

drink_2.png

ベッツィーには大きすぎですね(かわいいけど)
このカップがちょうどいいサイズのドールってあるのかな…ありそうな気がする😌

drink_3.png

ボリスのお皿と野菜のカップが欲しかった〜ていうか2回ガチャをやったので
せめて一つはお皿が欲しかったけど、引きが弱いのでしょうがないですね😐

drink_4.jpg

こないだまで「ぼくの妹 ruruko boy」が気になると思ってたのですが、
「ぼくの妹 ruruko girl」の方が欲しくなってきちゃいました…
あと「CCS 18AN momoko」の顔がすごいかわいい〜!
パンクっぽい服似合いそう。



ところで今やってるmacのcmの曲ダニエル・ジョンストンですね!!
ダニエル・ジョンストン大好きです…曲が「The Story Of An Artist」なのおしゃれだな〜!



オリジナル曲もそれはそれは素晴らしいのですが、
このビートルズのカバーも好きです。
「Beatles」っていう曲も作っていて、それがものすごく好きです。

ダニエル・ジョンストンを知ったのはドキュメンタリー映画「悪魔とダニエル・ジョンストン」だったのですが、なぜかどんな曲を作るのかも知らずに映画に興味を持ってレンタルで見て、こんな音楽を作る人がいるんだ!!と思いました。
こういう、完璧すぎないけど何かがあるっていう感じのものが大好きです。
ブライスもそうだなぁと思います。

ダニエル・ジョンストンは勝手にcmソング作るくらいマウンテン・デューがお気にいりなので、たまに飲みたくなります。
(缶のしか見かけないのでちょっと困るのですが…と話を飲み物に戻す)

Bebe marie

book.jpg

いま読んでるこのジョゼフ・コーネルの伝記めちゃくちゃ面白いです!
ジョゼフ・コーネルの名前を知ったのは、トルーマン・カポーティの伝記を読んだ時です(伝記好き)。
「あんまり知られてないけどカポーティは箱にコラージュしたコーネル風の作品を作っていた」というようなことが書いてあって、その時はフーンそういう人がいるんだ〜と思ってました。
それからずーっと経ってから、本屋さんでこの本を見つけて、面白そうでずっと気になってたのです。
最初ちょっと子供〜学生時代のとこでつまずいてたのですが、古本屋や骨董品店めぐりを始めて作品を作り始めるところからグイグイ面白くなってきました!
コーネルの作品が素敵なのはもちろんなのですが、この本を書いてるデボラ・ソロモンの文がすごくいいです。(翻訳だけど)
あんまりいっぺんに読むと頭を使うのでちょっとボーッとなっちゃいます。は〜(´Д`*)

黒猫バッグ

bag1.jpg

大きいバッグを探してたのですが、ピッタリなのが見つかりました!
BIBLIOPHILICのトートバッグです。本と黒猫なの〜かわいい〜。
布地が薄すぎず分厚すぎずちょうど良いです。
カーキ色なのもありそうでないので良いです。
BIBLIOPHILICってディスクユニオンのお店なんですね!

bag2.jpg

内ポケットつけてみました。

*お手伝い*

cookbook_1.jpg

前から気になってたこの本、本屋さんにあったので先日購入しちゃいました。
タイトルどおり、今までの暮しの手帖、ご馳走の手帖、暮しの手帖の本から評判の良いレシピを集めた本です。

cookbook_2.jpg

前に作ったことがある料理も載ってました :)
和・洋・中とそれ以外もちょっと載ってます。

cookbook_3.jpg

私の中で暮しの手帖といえばこのフォントと昔っぽい写真というイメージです。
あとバタと茶サジですよね!

cookbook_4.jpg

ベッツィーはアメリカンガールなのできっとこういうチャウダーなんかを食べてるんだろうなーと思うのですが、なんか和食も似合いそうです。
やっぱりご飯はちゃんと食べないとダメですね...(´・_・`)